【2019年版】車中泊マットおすすめランキング|車中泊マットの達人

皆さんこんにちは!学生時代はお金が無くて、旅行=車中泊だった管理人だよい。(泣)

こんな人に読んでほしい
①車中泊マットの購入を検討している人

②多少高くても絶対に失敗したくない人

③とにかく使用感がいい車中泊マットを探している人

どんな商品でも言えることですが、専用に作られた商品ほど良質で満足度が高くなります。

車中泊マットもそれは同じで、ニッチなジャンルだからこそ専用の商品にこだわりたいところです。

あなたも当然、失敗しないでベストな車中泊マットを買いたいと考えていることでしょう。

ですが、ここに来た皆さんはこんな疑問を抱いていませんか?

・車中泊マットの専門店なんてあるの?
・よく見かけるランキングって信用できるの?
・本当にいい商品はどれなの?

この記事では、そんな疑問にお答えするべく、車中泊マットについて詳しく解説しています。

しっかり根拠があるランキングも紹介しているので、この記事だけ読めば納得のいく車中泊マットと出会えますよ。

【結論】車中泊マットは「ONLY STYLE」が断然おすすめ!

いろいろ説明する前に結論から言ってしまうと、ONLYSTYLEの車中泊マットを買っておけば間違いないやで!

<ONLYSTYLEの車中泊マットがおすすめな理由>

①準備が超簡単
②車の凹凸を一切感じない
③弾力があって寝心地最高
④車に積んでも邪魔にならない
⑤車中泊専用だから作りが完璧

車種別の口コミを見たい方はこちらをクリック!

車中泊マットと一言で言っても、ベッドのように厚みのあるものから、取り扱いやすい薄めのマットレスまで種類は様々です。

タイプもいろいろあっていろんな会社が販売しているので、初めてだとどれをどういう基準で選べばよいか迷ってしまう方も多いはず。

ということで、まずは車中泊マットの選び方から解説していこうと思います。[su_spoiler title=”もっと基本的なことから知りたい方はココをクリック” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

車中泊マットの役割

車内での睡眠を快適なものにしてくれるマットのことを「車中泊マット」と言います。

外出先や仕事のお昼休みに車内で寝たことがある人はわかると思いますが、車のシートって意外と凹凸が多いので、背中や首が痛くなって長時間熟睡することはほぼ無理です。

しかし、クッション性、通気性、防寒性に優れた車中泊マットさえあれば、カプセルホテルや漫画喫茶(フラットシート)で寝るのと同じように、誰でも熟睡できる環境を手に入れることができます。

もちろん旅先やキャンプ先で車中泊ができれば、ホテル代を節約することもできますし、朝早くから出動する釣り人は前日の深夜入りして社内で寝て待つこともできちゃいます。

車中泊マットの種類

車中泊マットは空気を充填することでお好みの硬さに調節することが可能なタイプや、バルブを開いて自動的に空気を取り込むタイプ、電動ポンプが付属しているタイプなどがあります。

どのタイプも折りたたんでコンパクトにすることができるので、常に車に積んでおけばいざという時に使えて便利です。
[/su_spoiler]

車中泊マットの選び方

車中泊マットは車種によって合うサイズが異なり、厚みは寝心地に直結するポイントになります。ここで紹介する選び方を参考にご自身にあった車中泊マットを見つけてくださいね。

①自動拡張タイプが絶対ラク!

車中泊マットは自分で空気を入れる「手動タイプ」と、バルブを開くことで自動で膨らむ「自動膨張タイプ」の2種類がありますが、使い勝手を考えれば絶対に自動拡張タイプの方がいいです。

自動拡張タイプのイメージ写真↓

巨大で分厚いマットを使いたい方があえて手動タイプを選ぶパターンはありますが、一般的なサイズの車中泊マットで「手動タイプ」を選ぶメリットはほぼありません。

自動拡張タイプなら軽自動車などの狭い車内でも扱いやすく、荷室が十分確保できない時にも重宝します。

②コンパクトに収納できる方がいい!

車中泊マットは基本的に車に積みっぱなしにする物なので、使わない時はできるだけコンパクトになる物がいいですね。

コンパクトな車中泊マットの写真↓

収納時にどれくらいの大きさになるのかは購入前に必ず確認しておきましょう。特に丸めて筒状になるものは、スペースを取らないのでおすすめです。

③車内泊マットの厚さは絶対に妥協しないで!

車内泊マットを買う人で寝心地を気にしない人はいませんよね?当たり前ですが、マットの厚さだけは絶対に妥協してはいけません。

私の経験上、車内で朝までぐっすり眠りたいならば10cm以上はマストです!

薄いマットと厚いマットの比較写真↓
車中泊マットは寝心地の向上だけでなく、シートの凹凸をフラットにするための役割があります。たった1cmの差が睡眠の質を劇的に変化させると覚えておきましょう。

値段の差でたった2cm妥協して購入した車中泊マットが、1回しか実践投入されずに倉庫で眠っているのは内緒ですww

④滑り止めはあった方がいい!

どんなに寝相がいい人でも寝ている時は何度も寝返りを打ちます。この時に滑り止めが付いていないと想像以上にズレるんですよね。

車中泊マットの中には滑り止めの代わりに、表と裏で素材を変えて滑りにくい面を用意している物もありますが、やっぱりちゃんとした滑り止めがついてるタイプの方が安心です。

特にキャンプなどでお子さんも使う機会があるなら、しっかりと滑り止めが付いたものを選びましょう。

車中泊マットの人気ランキングTOP3

他のまとめ系サイトではランキング形式で10個、20個と紹介しているところもありますが、そんなに多くの商品を紹介していては何の役にもたちませんので、当サイトでは人気商品を3つだけ紹介したいと思います。

正直に言いますと、1位でおすすめしている車中泊マットがどれだけ優れているかを見て頂くためのランキングと考えて頂ければ幸いです。

第1位ONLYSTYLE

タイプ 自動拡張
マットの厚み 10cm
サイズ 198×66×10cm
収納時のサイズ 20×73cm
滑り止め あり◎

5年以上使ってるけど、一切変わらない寝心地で最高やで!もうこのマットじゃないと車内泊できない身体になってしまったよ。

専門店が車内で快適に眠ることだけを考えて作った車中泊マットです。中の素材はウレタンで厚さも10cmあるので、これを1枚敷けば車内の凹凸を一切感じることなく爆睡できます。

車内で使用することを前提で作られたマットなので、小型の軽自動車から大型のミニバンまで幅広い車種で使えるのも嬉しいですね。

また2枚並べて使う場合でも連結部分に強力マジックテープを採用しているので、どれだけ寝返りをうっても外れてしまう心配はありません。

他の類似商品と比べると価格は少し高めですが、他とは比べ物にならないぐらい寝心地がいいのと、長年使えることを考えればコスパとしても決して悪くありません。

口コミをチェック

第2位FIELDOOR

https://item.rakuten.co.jp/smile88/a09610/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_103_1_10000645

タイプ 自動拡張 マットの厚み 10cm サイズ 195×60×10cm 収納時のサイズ 25×60cm 滑り止め なし

どうしても金額を抑えたいという人であれば1度使ってみてもいいと思うよ。だけど、寝心地はそこまで期待しない方がいいで!

10cmの厚みがあるウレタンマットは、ボタンで簡単に連結させることができるため、大小どんな車にも合わせやすくなっています。

マットの表面は2WAYになっていて季節によって使い分けることが可能ですが、滑り止めとしてはかなり弱いので寝ている時に結構ズレるのがマイナスポイントです。

使用後はくるくると巻いて収納袋に入れるだけでコンパクトにまとまるので使い勝手としては悪くありません。

ただ肝心の寝心地に関しては、1位のONLYSTYLEと比べて体感的に差があるので、寝心地重視で考えている方にはおすすめしません。

第3位クイックキャンプ

https://item.rakuten.co.jp/esports/9560310190002/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_103_1_10000645

タイプ 自動拡張
マットの厚み 8cm
サイズ 198×63×8cm
収納時のサイズ 20×68cm
滑り止め あり◎

子供専用なら妥協できるかな・・・。大人が使うには薄すぎてキツイわ。

マット同士をボタンで連結できて、2つ並べるとかなりの広さになります。

自動拡張用のバルブが2つ付いているので、バルブを緩めてから膨らむまでの時間が短縮されているのはいいですね。また、裏面が滑り止め加工されているので寝ている時にズレないのはとても使いやすいです。

ただし、マットの厚みが8cmしかないのはかなりのマイナスポイントになります。しかもウレタンの素材が他の商品と比べると柔らかいので、車内の凹凸を身体で感じてしまい、寝心地がよくありません。

正直、上位2つとの比較で紹介したのが本音のところですが、強いて言うなら小学生以下の子供しか使わないならアリかなという感じです。

車中泊マットのスペックを比較